サステナブルな
大会運営への取り組み

子どもたちのために、地域のために、地球環境のためにサステナブルな大会運営の向上を目指します。
環境に配慮して取組むことで、当別町の街づくりに寄与し、大会自体の質の向上も図ります。

印刷物の削減・紙資源の節約

WEBやメールを活用し、大会プログラム等の事前発送物の一部廃止をすることで印刷物を削減し、紙資源の使用量を抑えます。

環境を配慮した資材の活用

給水で使用する紙コップやお食事を提供する資材は間伐材やバガス(サトウキビ由来)など環境配慮材料を使用し、プラスチック素材の廃止を進めることで環境にやさしいマラソン大会を目指します。

CO₂削減への取り組み

公共交通機関利用を促進すべく、JR北海道様の協力を得て大会当日の学園都市線の車両数を通常よりも増車して対応します。

Withコロナでの運営

運営スタッフは表面に付着する特定のウイルスを劇的に減少させる素材を使用したユニフォーム着用し安定した大会運営を目指します。